さくらの将棋研究室

ただの将棋好きが将棋のことをダラダラと書くブログです。

自作詰将棋「逃走中」

自作詰将棋「逃走中」を紹介します。

 

さくら作  題名:逃走中

f:id:sakura_gogogo:20200310132249p:plain

 

玉の前後を歩で挟んだ初形は詰将棋としてとりわけ珍しい形でもなく、新鮮味はないかもしれません。

詰み手順も比較的易しく、解いた後の驚きも少ないかと思います。

正直、作品としての面白味はあまりないでしょう。

詰将棋を作る度に自分の未熟さを痛感します。

それでも創作の練習として作ってみたかったですし、せっかく作ったのでここでコッソリと紹介しておこうと思います。

 

この詰将棋には一応(茶番的な)ストーリーがあって、玉を逃走者、飛車を車に乗った刑事(あなた)、歩で挟まれた領域を通路と見立てています。

あなたは拳銃(銃弾:銀)を所持している上、車(飛車)に乗って追いかけています。

対する逃走者は道端で拾った物(桂馬)を投げつけて必死に応戦するわけですが、あなたは無事に逃走者を捕まえることができるでしょうか…。

 

このストーリー(酷い茶番)も含め表現したかったことが割りと表現できた作品なので、他人の評価は別として私自身は結構気に入っています。

一人でも多くの人が「解いてよかった!」と感じてくれるような作品が作れるようこれからも精進していきます。

 

さて、この私の茶番に付き合ってくれる方は是非解いてみてください。

解答・解説・茶番の続きを載せていますので、気になる方は下にスクロールしていってください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…よく私の茶番に付き合う気になりましたね?

後悔しても知りませんからね。

 

< 作意手順 >

▲5五歩 △同桂 ▲4三銀 △6四玉 ▲4四飛

までの5手詰

 

< 解説・茶番 >

初手は▲5五歩です。

f:id:sakura_gogogo:20200310135019p:plain

「そこ通路って言ったじゃん!」という非難の声が聞こえてきそうです(やめて石投げないで)。

すいません、言い忘れていました。

実はあなたには"壁を武器に変える特殊能力"が備わっています(超展開)。

あなたはこの秘めたる自分の才能に気付けましたか?

「逃げるが勝ち」とばかりに逃走者が△6四玉と謎の攻撃をかわすと、▲ 7五銀とあなたの銃弾を受けて早く捕まってしまいます(早詰み)。

f:id:sakura_gogogo:20200310140300p:plain

局面を戻して、初手▲5五歩と謎の特殊能力による攻撃に、逃走者は△5五同桂と近くにあった謎の物体を投げて攻撃を防ぎます(謎vs謎)。

f:id:sakura_gogogo:20200310140530p:plain

△5五同桂にあなたはチャンスとばかりに▲4三銀と銃を撃ちます。

しかし、これは致命傷にならず、逃走者は△6四玉とかわします。

f:id:sakura_gogogo:20200310140728p:plain

「もう弾切れじゃねぇか!どうすんの!?」と思った方はおられるでしょうか?

刑事のあなたには有効な手段がないように思えます。

易々と逃走を許してよいのでしょうか?

日本を、そして地球を守れるのはあなただけですよ?(話が大きくなってきたな)

ここであなたは覚悟を決めます。

はい、▲4四飛と車をドリフトして逃走者の正面に回ります。

f:id:sakura_gogogo:20200310151005p:plain

△5四歩などと合駒をしても▲5四同飛と更に車を突っ込んで、逃走者はジ・エンドです(詰み)。

それだと刑事もジ・エンドじゃないかって?

大体こういうのはハッピーエンドで終わるので多分大丈夫でしょう(雑)。

f:id:sakura_gogogo:20200310141224p:plain

 

作品の解説は以上になります。

この酷い茶番に付き合って最後まで読んでいただきありがとうございました。