さくらの将棋研究室

ただの将棋好きが将棋のことをダラダラと書くブログです。

詰将棋創作超入門 ~駒の捨て方を工夫してみよう~

本シリーズも第4回目で、これまで詰将棋を作ったことない人のために詰将棋の創作方法を書いてきました。

 

第1回 詰将棋創作超入門 ~駒を捨てる3手詰を作ってみよう①~

sakura-gogogo.hatenablog.com

 

第2回 詰将棋創作超入門 ~駒を捨てる3手詰を作ってみよう②~

sakura-gogogo.hatenablog.com

 

第3回 詰将棋創作超入門 ~駒を捨てる5手詰を作ってみよう~

sakura-gogogo.hatenablog.com

 

本記事ではなんとか完全作を作れるところまで辿り着いた人のために、より良い詰将棋を作るコツの一部を書いていきたいと思います。

これまで捨て駒の技法を扱ってきたので、テーマを捨て駒に絞って書いていきます。

 

毎回言っていますが、私自身が詰将棋創作の経験が豊富なわけではありません。

ですので、どれくらい正しい内容が書けるかが不明ですが、それでも本記事が詰将棋創作を始めるきっかけになればと思っています。

 

 

(1) タダで取られるところに捨てる

例 1 )

▲1二金△同玉▲2二馬まで3手詰です。

初手で▲1二金と他の駒で紐が付いていないタダで取られるところに捨てて、玉を危険地帯に誘導します。

この紐なし捨て駒の技法は創作難易度が比較的低いので、まずはこれを意識してみることをオススメします。

 

 

(2) 大駒を捨てる

例 2 )

▲1一飛△同玉▲2一馬まで3手詰です。

先程は金を捨て駒にしましたが、今度は飛車を捨てています。

価値の高い駒、つまり大駒を捨てることでより駒損感が出て、詰将棋として面白さが出てきます。

 

 

(3) 玉に逃げられそうな状況で駒を捨てる

例 3 )

▲1一飛△同玉▲2一馬まで3手詰です。

先程と手順は同じですが、配置が玉方1三銀から2三金に変わっています。

こちらは玉が△1三玉と上部に逃げ出す順が見えていて、飛車の利きを存分に活かした配置です。

 

例 4 )

 ▲2三馬△同玉▲3三金まで3手詰です。

2手目△4二玉は▲4一金までです。

玉に右辺へと逃げられそうな状況ですが、馬の利きで解決します。

 

例 5 )

( 自作 将棋トレーニングバトル 2020年7月 )

▲2一銀△同玉▲1一角成△同玉▲2二金まで5手詰です。

2手目△2三玉は▲3三金まで早詰み、4手目△3二玉は▲3三金までです。

△2三玉と角を支えている根本の歩を取られて上部に逃げられそうな状況にも関わらず、初手で▲2一銀と玉の斜め後ろから捨て駒をします。

一見して玉を逃がすような駒の捨て方が成立させられれば、より妙手感が出るかもしれません。

 

(4) 守備駒が複数利いているところに捨てる

例 6 )

▲2三桂△同銀▲2一金まで3手詰です。

2手目△同馬は▲4二金までです。

初手は2三の地点に桂馬を捨てる手ですが、△同銀・△同馬と2つの選択肢があります。

このように駒が複数利いている地点に捨て駒をする技法を"焦点捨て"といいます。

 

(5) 駒を打った後に捨てる

例 7 )

▲2五桂△2二玉▲3三馬△2一玉▲1三桂不成△同馬▲3二銀まで7手詰です。

2手目△2三玉は▲3三桂成△1三玉▲1四銀まで早詰みです。

初手で▲2五桂と王手をして盤上に桂馬を出現させた後、5手目で▲1三桂不成と捨て駒として再活用しています。

単に駒台から駒を打って捨てるのではなく、打った後に捨てる技法です。

 

(6) 活躍した駒を捨てる

例 8 )

▲1二銀△同馬▲3一飛成△同玉▲3二金まで5手詰です。

飛車の利きを活かして初手▲1二銀と捨て駒をして玉の退路を封鎖します。

捨て駒によって守備駒を移動させて玉の退路を封鎖する技法を"退路封鎖"といいます。

その後は3手目で▲3一飛成として活躍した飛車を捨てるという手順です。

駒を捨てる前にその駒をどう活躍させるかも腕の見せ所でしょう。

 

(7) 邪魔な駒を捨てる

例 9 )

▲1三角成△同香▲2四金まで3手詰です。

2手目△同飛・△同玉いずれも▲2四金までです。

攻め方2四角がいなければ▲2四金までの1手詰なので、角を上手く捨てて詰め上げます。

このように詰みを邪魔するように攻め方の駒を配置し、その邪魔駒を捨てる一連の技法を"邪魔駒消去"といいます。

邪魔駒消去は比較的とっつきやすい技法で、しかも詰将棋らしさが一気に増すので是非チャレンジしてみてください。

如何に解く側に「この駒が邪魔駒だ」と気付かれにくくするかが腕の見せ所で、"とっつきやすいけど実は奥が深い技法"です。

 

例 10 )

▲2二歩△1一玉▲2三桂△同金▲2一歩成△同玉▲1二飛成△3一玉▲3二龍まで9手詰です。

6手目△同飛は▲1二飛成(または▲1二桂成・▲1二飛不成)まで早詰みです。

9手目は代えて▲3二桂成でも詰みです。

玉を1一の地点に追いやるために初手▲2二歩としますが、4手目まで進むと打った歩が邪魔駒になっているのが分かるでしょうか。

先程は盤上に最初から邪魔駒が配置されていましたが、今度は"打った駒が後で邪魔駒になる"ケースです。

"打った駒が後で邪魔駒になる"ような技法は創作難易度が高いので、創作に慣れてきたらチャレンジしてみてください。